トヨタのミニバン(5)

トヨタのミニバン(5)

トヨタのミニバンで気になる車種をまとめてみました!!

トヨタ・プリウスα

相変わらず「トヨタ・プリウス α」が売れています。これでも半年以上待ちだった以前に比べれば、ずいぶんと納車が進んでいる状況ですが、実際、街でプリウスαを見かけるシーンもどんどん増えてきています。自分が苦労して手に入れた車が、こうして世間でも高い評価を受けるというのは、きっと誇らしい気分になるんでしょうね(´∀`*)しかし一方で、せっかく納車待ちまでして購入した待望の愛車なのに、全く同じ車にすれ違ったり、駐車場で並んでしまったりするシーンにも度々出くわしてしまうことになります。ここはひとつ、思い切って自分だけのプリウスαに仕立ててみる、というのも良いかもしれませんね♪

トヨタ・プリウスαの魅力

トヨタ・プリウスαの魅力はなんといっても省燃費でしょう♪ハイブリッドカーは低速時において、歩行者に接近した際に気付かれにくいという欠点を持ちますが、プリウスαは「車両接近通報装置」を全車に標準装備とすることで(フロントバンパー裏面に設置)、発進から車速約25km/hまでのEVモードでの走行時と後退時において歩行者に音で接近を伝えます(スイッチ操作でON/OFFが可能)。重量増を抑えるため、全車パンク修理キットが標準装備となり、テンパータイヤはメーカーオプションとなります。また、Gグレードにプリクラッシュセーフティシステムをメーカーオプションで設定しているのも魅力の一つです♪

トヨタ・プリウスαの特徴

プリウスαは、トヨタ自動車が2011年5月に製造・発売を開始したハイブリッド専用(スプリット方式)ステーションワゴン(5人乗りタイプ)、ならびにミニバン(7人乗りタイプ)です。トヨタ・プリウスの派生車種(プリウスシリーズ)。北米市場とオセアニア市場では「プリウスV(PRIUS V)」、欧州市場では「プリウス+(プリウス プラス、PRIUS +)」という名称で発売されています。生産は愛知県豊田市にある堤工場が担当しています。

トヨタ・プリウスαと「樹脂パノラマルーフ」

メーカーオプションの「樹脂パノラマルーフ」については著しい重量増とさらなる重心の上昇を懸念し、その名のとおりガラス製ではなく合成樹脂製を採用しています。結果、車体側に補強を講じているにもかかわらずガラス比で約40%の軽量化が可能となり、ノーマルルーフ比+20kg増にとどめられています。ですが、引き換えにソーラーパネル付ムーンルーフは未設定となっています。なお、樹脂パノラマルーフを装備しない状態でも全高が1575mmに達するため、一般的な機械式立体駐車場(高さ制限1550mm)への入庫は不可能です。

トヨタ・プリウスαのドレスアップ

人気のハイブリッドカー「プリウス α」をドレスアップするなら、TOM’Sのパーツが狙い目です♪トヨタのモータースポーツシーンとともに発展してきたTOM’Sだけに、例えばエアロパーツひとつとっても、後付け部品特有の違和感はなく、ボディとの フィット 感は格別です。それでいてきっちりとノーマルとの差別化が成立していて、ドレスアップ効果も高いです。また、同社を代表する製品のひとつであるコイルダンパーユニット「Advox」にも注目しましょう♪レースでの豊富なノウハウを基に、最適化された減衰力を与えることで、ただやみくもに固めるのではなく、しなやかな乗り心地と路面との濃密な接地性を確保した設計を実現しています。さらにプリウスα用のAdvoxでは、最大7人乗りの多人数乗車も想定しセッティングされている点にも注目です☆

新車情報
時代の流れに高槻市の賃貸 http://ph-takatsuki.net/は対応してまいります!ライフスタイルが多様化している現代のお部屋選びは、人それぞれの希望があります。

トヨタ・プリウスαのプラットフォーム

トヨタ・プリウスαは、エンジンやモーター、足回り形式など基本的なメカニズムに変更はありませんが、重量増に伴いトレッドがフロント/リヤでそれぞれ15mm/25mm拡大され、1.540/1.545mmとなっています。同時に、サスペンションについても重量増と重心の上昇に対処しています。また、ハイブリッドシステム駆動用モーターの冷却方法には水冷式を採用して負荷を軽減しています。駆動力不足を補うために最終減速比を3.26から3.704に変更しています。プラットフォームはプリウス(3代目・ZVW30型)同様「新MCプラットフォーム」を採用しますが、ホイールベースは80mm延長されて2,780mmとなっています。また、ホイールのPCDも車両重量増加対策の理由でプリウスの100mmから114.3 mmに変更されています。

トヨタ・プリウスαの特徴

主バッテリーについては2列シート仕様にはベースのプリウスと同じニッケル水素電池を荷室前方下部に搭載していますが、7人乗り(3列シート)仕様については3列目空間を確保するため、センターコンソール下部に軽量かつコンパクトなリチウムイオン電池をトヨタの量販ハイブリッド車として初採用。結果、7人乗りと5人乗りの重量差はわずか10kgにとどめられています。また、搭載位置の変更で前後重量配分はほとんど変わりません。

トヨタプリウスαの内装

トヨタ・プリウスαのインテリアについてはシフトレバー(セレクターレバー)を小型化した上でステアリングサイド付近に移動させたため、バッテリーを後方に搭載する5人乗り仕様についてはサイドウォークスルーを可能とし、7人乗り仕様については2列目のウォークイン機構と3列目のワンタッチチルトダウン機構を採用することで使い勝手に配慮しています♪エアコンパネルについても大型ダイヤル1つで主要操作を可能とするなど、操作性を重視しています。なお、プリウスに設定される本皮革シートはαにおいては未設定です。

トヨタ・プリウスαのグレード

トヨタ・プリウスαの大別すると「S」と「G」の2グレードとなります。さらに「S」には上級オプションパッケージの「TOURING Selection」と、装備を簡略化した「L selection」がそれぞれ設定され、「G」には「TOURING Selection」のみが用意されています。尚、7人乗りは全グレードとも5人乗り比プラス20万円です(´∀`*)

トヨタ・ツーリングハイエース

トヨタ・ツーリングハイエースはハイエースレジアスやグランビアとシャージを共有するLサイズミニバンです。美しいフロントグリルとエクステリアが魅力的で、スタイリッシュなデザインに魅力を感じる一台です(´∀`)ハイエースレジアスがマイナーチェンジをしてレジアスへ車名変更した時に、兄弟車として登場しました。外観はレジアスよりも彫の深いデザインで、エアロパーツを採用したスポーティな雰囲気が特徴です。ドアは2+助手席のリアスライドドアという構成で、7人乗りと人乗りが用意されています。フロントシートに回転対座を、セカンド&サードシートに脱着シートを採用しているのが特徴です。エンジンは2.7Lの直6ガソリンと3Lディーゼルターボの2種類。トヨタ自動車が1999年から2002年まで生産・販売していたワンボックス型ミニバンです。

トヨタ・ツーリングハイエースの中古車の相場

トヨタ・ツーリングハイエースの年式やグレードにもよりますが、おおよそツーリングハイエースの中古車の相場としては新車価格の6割~7割程度が多く出回ってます。装備品や走行距離、大きな傷の有無、カラーなどによっても人気が分かれるところで、これらをあまり気にしない方はツーリングハイエースの新車価格の3~4割程度のものも販売されてます。ツーリングハイエースの中古車は逆にグレードや装備品などを追求すると、新車の一番安いグレードのものを超えるものも存在します。

トヨタ・ツーリングハイエースの車名の由来

トヨタ・ツーリングはハイエースシリーズのエアロボデーで「ハイエース」と「エアロボデー」のイメージを訴求する「ツーリング」を組み合わせたものです。トヨタ・ハイエース (HIACE) の語源はトヨエースから由来したもので、英語で「高級な」「より優れた」という意味のHighとAceの合成語です。

トヨタ・ツーリングハイエースとグランドハイエース

トヨタ・グランドハイエースとはプラットフォームを一にする姉妹車関係にありますが、こちらは5ナンバーのベースボディをそのまま採用する為、一回り小さいです。基本的には従来の「ハイエース・レジアス」と同じモデルですが、姉妹車であるトヨタ・レジアスとの違いは、トヨタ・ハイエース・レジアス時代オプション扱いだったエアロパーツを更に大型化し標準装着したことで3ナンバー専用車となっています。しかし、レジアスウインドツアラーとの違いはフロントグリルとストライプが違う程度です☆

車買うなら
ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」「戸建(て)、個人住宅」があこがれの「持ち家」ですね。鹿嶋 田舎暮らしでさがしませんか?