トヨタのミニバン(9)

トヨタのミニバン(9)

トヨタのミニバンで気になる車をまとめてみましたーー(*´∀`*)

トヨタ・エスティマ

トヨタ・エスティマは、トヨタ自動車が1990年から生産する大型ミニバンです♪ミニバンを代表する車種であるトヨタ・エスティマ。ミニバンGTのエルグランド、プレミアムミニバンのアルファード。トヨタ・エスティマはこの2台とは大きく異なったイメージを持ちますよね♪初代のエスティマは平成2年に登場しています。初代はフロア下にエンジン、ミッション、サスペンションのすべてを収めたミッドシップレイアウトで、従来のクルマとは一線を画するパッケージングでした。また、未来的なスタイリングを採用して、インテリジェンスにあふれたモデルとして各方面から高い評価を受けました。しかし、アンダーフロアユニット方式は、フロアが高くなるなどのデメリットもあり、平成12年に登場した2代目ではFF方式に変更。

新車情報

トヨタ・エスティマのモデルチェンジ

平成18年にフルモデルチェンジされた現行モデルも、同様にFF方式を採用しています。現行のトヨタ・エスティマエスティマは、3.5Lと2.4Lの2種のエンジンをラインアップ。駆動方式はFFと4WDが用意されています。床下収納シートなど、先代に比べてユーティリティ関係も大幅にアップされ、使いやすさも増しているのも見逃せない部分です。ミッドシップ方式でなくなってしまったとはいえ、トヨタ・エスティマらしい近未来的なボディデザインは踏襲され、そのインテリジェンスな雰囲気は維持されています。このワンモーションタイプのボディにこそトヨタ・エスティマらしさが込められていますよね(´∀`*)

トヨタ・エスティマの特徴

トヨタ・エスティマは、世界中の多くのミニバンやバンがユーティリティ性を重視するがために、捨てることができない箱形デザインをきっぱりと捨てて、丸みを帯びたタマゴ型デザインを採用し続けていることが、トヨタ・エスティマエスティマの最大の特徴であり、魅力ですよね(´▽`)特に日本の場合、一般ユーザーはいかに商用車と異なる雰囲気を持つかを重視する傾向があります。ディーゼルエンジンやセダンの人気が下がったのも、こうした傾向が大きく影響している現象です☆ミニバンでもそれは同様で、いかに1ボックス系と異なるイメージを持たせるかは非常に大切なことです☆

トヨタ・エスティマのシート

ミニバンにとってセカンドシートは、外観のデザインの次に重要なポイントで、本来主役であるはずのドライバーよりセカンドシートに座る人間のほうが明らかに位の高い主役になっています。そこに座る人間の評価がよいか悪いかでミニバンの善し悪しが決まると言ってもいいほどで、各自動車メーカーもミニバンを作る際にはセカンドシートにかなりの予算をかけているようです。トヨタ・エスティマもこの例の漏れず、ほかのシートはさておきセカンドシートにはかなりお金をかけています。リクライニングやスライド機能は通常の車にもありますが、それに加えて横スライド機能やオットマン、左右に着くアームレストが快適な移動の手助けをしてくれます。それだけではありません、スライド機能はなんとサードシートを畳めば一番後ろまで80cmもスライドすることができ、それにオットマンを出してゆったり座れば気分はリムジンです( ´艸`)

トヨタ・エスティマハイブリッド

トヨタ・エスティマハイブリッドは、ハイブリッドカー特有の大容量の電気エネルギーにより、AC100V/1500Wという家庭用コンセントを標準装備しており、国産車で唯一の自家発電が可能な車です。これは家庭にあるほとんどの家電が、ワット数を気にせずそのままコンセントを差し込んで使えるということなので、凄いですよね!使用環境にもよりますが、一般家庭の平均的な使用電力量であれば燃料満タン状態から最大4日間程の電力供給が可能で、1500Wをフルに使い続けた場合でも約2日間は使えるといいます\(・o・)/

トヨタ・エスティマハイブリッドの特徴

トヨタ・エスティマハイブリッドは、2001年6月に登場したトヨタ自動車ではプリウスに次いで二番目、ミニバンでは初となる市販のハイブリッドカーです。重量がおよそ1.85トン、排気量2.4Lのガソリンエンジンを搭載する車両ながら10・15モードで18.0km/l(マイナーチェンジ後は18.6km/l)の低燃費を達成しています。バッテリー残量が少なくなってきても、エンジンが自動的に始動して発電し、電気を供給し続けるシステムなので、例えば災害などによって電力の復旧が遅れた場合でもガソリンがあれば発電できるというから驚きですよね!もちろんハイブリッドカーの大きな魅力である燃費も、1リッターあたり20km(10・15モード)とかなりの優れものです(´∀`)震災の影響で、自分で発電・蓄電するという動きが出てきている昨今。普段から便利に利用できる「車でのパーソナル発電」を、ひとつの電力マネジメントのカタチとして考えてみるのもいいかもしれません。

トヨタ・ヴォクシー

トヨタ・ヴォクシーは、トヨタ自動車が生産する5~8人乗りのミニバン型乗用車です。2001年にミニバンのファミリーカーとしてデビューして以来、安定した人気を誇ってきたヴォクシーが、6年の歳月を経て2007年6月に「新型ヴォクシー」としてフルモデルチェンジをしました。ライバルのセレナやステップワゴンがモデルチェンジを繰りかえす中でも、ミニバンの本命として支持され続けてきたVOXYとその兄弟車種のノアNOAHは、行楽地やショッピングセンターでは呆れるほど目立ちます。ふたつの車種の合計販売台数がカローラに迫る勢いのこの車の魅力を考えます。 新型ヴォクシーは先代同様ノアと中身が同じ兄弟車種です。販売店(ヴォクシーはネッツ店、ノアはトヨタカローラ店。)のキャラクターに合わせて、ヴォクシーにはクールで個性的なデザインを与え個性を際立たせています。

トヨタ・ヴォクシーの特徴

トヨタ・ヴォクシーは、ライトエースノアの後継車種として姉妹車のノアと同時に発売されました。ノアとは対照的にスポーティな印象を持つ一方で、ノア同様スライドドアを両側に設けています。当初は8人乗りのみでしたが、2004年のマイナーチェンジでCVT(無段変速機)、5人乗りグレードなどが導入されました。トヨタヴォクシーは、直列4気筒2.0L自然吸気のエンジン(1AZ-FSE)を前輪あるいは4輪で駆動します。エンジンにはトヨタの直噴システムであるD-4を採用していて、前期型では希薄燃焼を利用するものでしたが、後期型ではCVTの採用とあわせて基本的に理想空燃比で燃焼を行うストイキD-4に改められていて、排ガスレベルを低減しています。トヨタ・ノア同様、センターメーターを採用しています。基本的に日本国内専用車ですが、左ハンドル車も受注生産車扱いで販売されています。

トヨタ・ヴェルファイア

トヨタのヴェルファイアは、新車価格が300万円~469万円位の大型ミニバンです。トヨタのヴェルファイアは、力強くて男らしい印象があります。ヴェルファイアは、標準車でも十分に楽しめる車ですが、カスタマイズすることによって、よりかっこよさを楽しめるでしょう。英語で「物静かな」という意味の「Velvet」と、情熱を意味する「Fire」を組み合わせた造語。クールな情熱を持つクルマという意味です。

トヨタ・ヴェルファイアの特徴

力強く男らしい印象のボディデザインに加え、車内空間の広さや内装の丁寧な作り込みなどが、人気を集めています。上品さや洗練さを謳うアルファードに対し、こちらは力強さや先進性を謳っており、フロントマスクも上下2分割のヘッドライトを採用するなどアルファードよりアグレッシヴなデザインとなっている。また、リヤに関しても同じネッツ店扱いのヴォクシー同様、クリアタイプのコンビネーションレンズを採用するなどしてアルファードとの差別化をはかっていて、若さを強調しています。インテリアに関してはアルファード同様7人乗りと8人乗りがあり、前者はキャプテンシートとなっています。

車買うなら